平成29年度活動状況


 平成29年度の活動をご紹介します

 〇香貫山 桜ウオーク    平成29年4月1日(土)  

 

 一般参加者25名・ガイド参加者26名 小雨の中の実施!
雨の中での実施決断は難しい判断でしたが、最終的には実施することにしました。
 雨が降り寒い日で気温も低く、桜の開花も遅れておりましたが、小雨の中にもかかわらず皆さまの参加によりけがも
無く無事に実施することができました。
 参加者の声、意見、要望などを集約しますとたくさんの嬉しい声が寄せられました。
残念だったことは、新コースとして設定した「健脚コース」が滑りやすい山路のため実施できなかった事です。
これらを踏まえ、次回は一層有意義なイベントとしたいと考えております。ご参加の皆さまありがとうございました。

写真 左上下:小雨の中参加受付とミーティング  中上下:登山道脇の桜もまだツボミ  右:「♬さくら」を合唱

〇平成29年度通常総会が開催されました。  平成29年4月20日(木)

 

 サンウェルぬまづを会場として、来賓を迎えての通常総会を開催しました。
 平成28年度の活動報告に於いて「びゅうお・御用邸記念公園・学童研修・依頼」等のガイドと当会による自主イベントの「桜・紅葉ウオーク・夏休み親子魚市場見学・長浜城址・文化財見学・県民の日・富士山の日」等々で3万余名のお客様をご案内する「おもてなし」が出来たと自負しております。
 次年度平成29年度の活動計画では
   (1)会員の「健康寿命」に配慮した活動
   (2)HPの更なる活用により広い範囲のお客さまへのご案内
   (3)イベントに関しては自主開催と協働の推進
   (4)外国人向けのガイドの一層の推進
   (5)沼津の観光振興を信条として会の発展に寄与する活動
  その後、決算案・予算案等の各議案を審議し満場一致にて承認しました。
  尚、来賓よりパワーポイントを活用しての総会運営にも賛辞が寄せられました。

写真 左:総会会場 サンウエルぬまづ    中:総会資料表紙    右:養成講座新受講生4名の紹介

〇「三島・沼津・原の宿場町交流会」を開催   平成29年4月22日(土)

 

 同交流会3ヵ所目の旧東海道13番目の宿場町「原宿を歩く」が開催されました。
「原・浮島観光ボランティアの会」の主催で、参加者約60名が6班に分かれての見学です。
 JR片浜駅を起点に16か所の社寺等を巡ってJR原駅まで8:30~12:00までの行程でした。
その中の松陰寺では白隠禅師のことに耳を傾け、東海道随一と謳われた帯笑園では当時は珍しい外国の植物の収集で
有名な庭園として文人墨客などの著名人も度々訪れていた、等のいきさつを聴くことでより一層知識を深めること
が出来ました。
 原地区の皆さんによるガイドは懇切丁寧で参加者の多くの質問にも的確に応じられており、私たちも一層の研鑽が必要との思いでした。又の機会にも参加させていただきたいものと思っております。
ご案内ありがとうございました。

写真 左:片浜駅前に集合  中下:君が代の「さざれ石」(松陰寺) 右上:長興寺  右下:外国植物収集の帯笑園

〇沼津市の花「はまゆう」の愛護活動の日記!  平成29年4月26日(水)

平成16年4月に植栽を始め、その後は種を採取しては毎年増やしてきました。今では千本浜公園の増誉上人像付近や千本太郎松址などに多くの浜木綿が大きく育っております。
 更に今年も30本ほど植えました。この公園内が真っ白な浜木綿の花でいっぱいとなり訪れる方々に喜んでいただけるようにと愛護活動を続けてまいります。
 29年度 清掃及びヨトウムシの駆除等
            手入れの実施と活動予定
 ◎夜盗虫(ヨトウムシ)1回目 H29.4.26 ヨトウ虫発生なし
   駆除剤散布    2〃  H29.5.19    〃
            3〃  H29.6.10    〃
            4〃   H29.7.5     〃
    5回目 H29.7.26 ①ヨトウ虫八角池周辺発生無し
              ② 〃  太郎松跡正面発生有り
              ③ 〃  びゆうお前発生有り
    6回目 H29.8.10 ヨトウ虫 3ヵ所共発生見当たらず
    7回目 H29.8.30 ヨトウ虫 2株に発生痕跡あり
    8回目 H29.9.10 ヨトウ虫 3株に発生痕跡あり
 第1回 H29.4.26 実施 参加者 22名  
 第2回 H29.6.28 実施  〃  17名
 第3回 H29.8.30 実施  〃  21名
 第4回 H29.10.25 実施  〃  18名

 

 

 

ヨトウ虫の食害も無く咲いた沼津市花のハマユウと
H29.10.25 台風予想の雨の中での清掃作業

写真 左上:中心的な参加者  左下:効率よく・怪我の無いように  上中:増誉上人像付近 上右:千本太郎松跡

〇中部電力 浜岡原子力発電所 見学        平成29年5月20日(土)

 

 あの福島第一原発の事故以降その存続及び再稼働が大きな課題となっております。
そこで私たちも実際に大津波対策の防波壁とはどんな規模の物か、を実際にみて参考にしようと中部電力浜岡原発を見学しました。 とてつもなく大きな防波壁と電源喪失への対策が幾重にも施されていることを知りました。
 最後に渡されたアンケート用紙には、「この見学によって原発に対する従来の考え方に変化はありましたか」の問い掛けがありましたが、それぞれの胸の内はいかがでしたでしょうか。 単に不安に思うだけでなく現地を見て説明を聞くことが出来、孫子の代にもかかわる大事なことへの判断材料を得ることが出来たことは大きな収穫であったと考えました。(参加者24名)

写真  左:原子炉実物大模型と燃料棒・制御棒の実物大模型
    中:大津波対策の防波壁の実物大模型を見上げる (高さ14~16m×幅2m+地中部10~30m)  
   右上:大津波時の敷地内への浸水防止対策断面図

〇第3回 長浜城北条水軍まつりへの協賛     平成29年5月28日(日)

 

 戦国時代に後北条の出城である長浜城が武田氏の三枚橋城(沼津)からの攻撃に対して安宅船・小早船等で水軍を編成し韮山城を守備していた拠点でした。 種子島銃は戦国のころポルトガルから渡来したが、我が国では徳川幕府の時代になり戦が無く鎖国が続いたため、これらはの銃は武士のたしなみとして程度の使用方法しか無く、明治迄全く進歩がありませんでした。このため武器開発が外国に遅れてしまいました。  私たちぬまづ観光ボランティアガイドは前回までは来場者へのご案内が主な役割でしたが、今回は射撃場でのお客様への安全面にも配慮し協力することとなりました。
 今後も、色々な場面でのイベントなどにも協賛し沼津への来客誘致に寄与していきたいと考えております。

写真   左:小田原北条鉄砲衆による火縄銃 一斉”放テェ~!” 長浜城址二の曲輪にて
    右上:種子島火縄銃を手に。結構おもぉ~い! 兼子・矢島の二人直虎推参か!(当、観ボラ会員)

〇ぬまづ狩野川花火大会桟敷席へのご案内    平成29年7月29~30日(土・日)

 

 沼津最大の恒例の夏まつりが第70回を数えて、よさこい演舞や郷土芸能など盛り沢山なイベントが近隣市町からの
お客様を迎えて賑やかに開催されました。 今年参加の33名のガイドも汗だくになりながら多くの来場者を事故の無い
ようにと笑顔と気配りで無事にご案内することが出来ました。

写真  左:花火に見入るお客様たち。 中:足元への注意をそれとなく! 右:今や遅しと待つ川岸の人々。

〇ぬまづ魚市場セリ見学会 早朝5:30~     平成29年8月6日(日)

 

 子供たちにとっては普段にはない眠くて早い朝にもかかわらず、5:30頃にはもう30名ほどの参加者が見えました。
2階見学者用通路からでしたがセリの掛け声も市場内に響き眠気も吹き飛ばしてくれました。「お魚博士」の腕章をつけた特に魚との相性のいいガイドの説明に見学者は耳を傾けてうなずく場面もしばしばでした。
 今回は初めての試みとして参加記念としての「ふぐの缶バッジ」配布に子供たちの笑顔が印象的でした。
67名の参加者と19名のガイドでのイベントでしたが、事故も無く子供たちの夏休みの課題に魚市場のセリ見学が
お役に立てたと思った次第でした。多勢のご参加ありがとうございました。

写真左:掛け声の飛ぶセリ人たち 中上:早朝5時半頃 中下:次はなにを~ 右上:名誉の腕章 右下:ふぐ缶バッジ

〇千本浜夕暮れウオーク~県民の日~      平成29年8月26日(土) 

 

 県民の日に千本松原とその周辺に点在する、ぬまづの宝100選を巡る新しいコースとして「千本浜夕暮れウオーク」を
企画しました。参加は暑さも残る午後4時の集合でしたが、お客様53名+ガイド29名の82名での開催となりました。
 新しい試みとして、撮影がなかなか難しい「だるま夕日デザインの缶バッジ」を記念に配布し大変喜ばれました。
雲間からでしたが、赤い太陽の夕景色に参加者の皆さんもじっと見入る場面に、私たちもこの企画の成功を感じました。
 アンケートにも、参加して良かったの声も多く寄せられ、私たちも次も頑張ろうの思いに至ったイベントでした。

写真 左:井上靖文学碑前の参加者  中上:千本浜の「だるま夕日」の缶バッジ 右上:受付をする参加者 

〇狐の嫁入り行列         平成29年10月1日(日)

 

 上土商店街の町おこしイベントの「狐の嫁入り行列」が例年に習い行われました。
花嫁は狩野川の下流方面から渡し船に乗って式場の稲荷神社に到着。
その後、嫁入り行列は人力車に乗った二人を中心にして、参加者全員がキツネ風メイクをして中心街を練り歩きました。
私たち観ボラの参加者も行列に地元の人たちと狐風の化粧をして参加しました。どうぞお幸せにとの思いです。

写真 左:狩野川を河口より上り着いた花嫁   中:神主の前での神前結婚式  右:式場に向かう花嫁・花婿

○中世の東海道と車返(三枚橋)周辺探訪    平成29年10月21日(土)

 

 大型台風が近づく小雨の降る中での開催でした。
日枝神社の好意により宝物殿内の重要文化財も拝観することが出来ました。
 鎌倉時代から戦国時代までの東海道は足柄路(国道246号線沿い)や箱根越えの路を通っており古代の官道でした。
「車返しの里」とは日枝神社の山王台あたりから北側辺りを言い、その小高い地に差し掛かる路を「車返しの坂」と呼び黄瀬川の河岸段丘のこの坂を牛車や荷車が登るのに非常に苦労した場所であったと伝えられています。
沼津で生まれ育った参加者も日吉廃寺について「こんなところに由緒ある立派なお寺があったとは」と驚いていました。 更には、今回は勉強意欲の旺盛な参加者が多くて高度な質問が多々ありました。
そして雨の中、傘をさしての説明にも熱心に耳を傾けていただきました。ご参加の皆さまありがとうございました。
 缶バッジの御所車の絵柄は、大岡の庄が関白藤原家の荘園であったことから、この地に日枝神社が創建され在郷の
公家衆や御所車も上り下りに難儀をしたと思われる、の図です。

写真  左:小雨の中出発を待つ   中左:缶バッジ御所車     右:日吉廃寺伽藍の礎石群 
   中右:「車返しの坂」(現 蓮光寺東側の坂)・上の高台が「車返しの里」へ続く 
    

○神縄断層へのガイド研修<A班>       平成29年11月6日(月)

 

行程 : 沼津発 ⇒ 神縄(かんなわ)断層(小山町)⇒ 豊門会館(ほうもん)・西洋館 ⇒ 伊奈神社
     ⇒ 東口本宮 富士浅間神社 ⇒ 沼津着

 A班の研修先として小山町にある神縄断層線の見学を、小山町観光ボランティア3名の皆様のガイドにて実施。
この断層により本州側と伊豆半島側との衝突の現場を見ることが出来ます。(上記赤線が断層線)
 豊門会館・西洋館は当地の富士紡績の経営者和田豊治宅の寄贈により明治の建物として記念館となっている。
次は宝永噴火による富士山裾野の御厨地域への降灰災害の復興に尽力し神として祭られている伊奈半左衛門神社。
 東口富士浅間神社の大鳥居には「不二山」の額が掲げられており並木には400年杉の大木が連なり、境内には千尋の谷から登ってきた子獅子と、それを待ち受ける親獅子の像があり目を引いた。
秋の晴天と小山町ガイドの方々の親切で分かりやすい説明に、私たち9名の参加者も楽しく実り多い研修となりました。

写真  左:神縄断層線の説明を受けている私たち9名の参加者。  中:「不二山」額の東口富士浅間神社        右下:小山町のガイド(右端3名)とA班9名 「道の駅 ふじおやま」にて
   中上:千尋の谷から登ってきた子獅子と迎える親獅子   右上:神となった「伊奈半左衛門」像